MUSHIKAGO 京

MUSHIKAGO 京 は、資産管理の機能に加え、セキュリティ診断やペネトレーションテストの機能を搭載したデバイスです。管理している資産が適切にセキュリティ対策をされているか自動で検証・判別します。また、情報システムだけでなく、制御システムにも対応しています。

【  特徴  

簡単操作でセキュリティリスクを見える化

MUSHIKAGO 京は、専用のダッシュボードから簡単操作で実行できます。MUSHIKAGO 京は、接続したネットワーク上のシステムやアプリケーションを自動識別し、安全性を確保したセキュリティ診断や疑似的なサイバー攻撃(ペネトレーションテスト)を自動で行います。検出されたセキュリティリスクは、リアルタイムでダッシュボードから確認でき、レポートとしてダウンロードすることもできます。

バリエーション豊富なテスト内容

MUSHIKAGO 京は、サイバー攻撃で使用されている様々な攻撃手法をテストすることができます。最新のサイバー攻撃にも対応できるよう、テスト内容も随時アップデートもしています。

制御システムの資産把握やセキュリティ対策レベルを把握可能

MUSHIKAGO 京は、情報システム用のテストモードと制御システム用のテストモードを実施することができ、ダッシュボード上から選択できます。制御システムモードの場合、制御システムの資産を中心にペネトレーションテストを行います。また、制御システムの可用性を重視しており、可用性に影響を与えないモードも選択することができます。

【 活用事例 】

システム全体のセキュリティチェックに活用

定例的なセキュリティ診断だけでなく、実際にサイバー攻撃を受けた際に、被害がどこまで影響するのか確認したいと希望されていたお客さまの環境に、MUSHIKAGO 京を導入させていただきました。MUSHIKAGO 京が行うペネトレーションテストにより、網羅的に各システムの影響を確認することができ、セキュリティ対策を強化すべき箇所を洗い出すことができました。

セキュリティ対策ソフトの有効性を検証に活用

導入しているセキュリティ対策ソフトが有効に機能しているかを確認したいと希望されていたお客さまの環境に MUSHIKAGO 京を導入し、セキュリティ対策ソフトの有効性を詳細に確認していただきました。

製品に関するお問い合わせ

製品に関する内容などお気軽にご相談ください